2017年04月07日

「レシートは捨てちゃダメ!セルフメディケーション税制の話」~後編~

どもどもばんびです。

昨日に引き続き「セルフメディケーション税制」についてお話をさせていただきます。
前回は『セルフメディケーションとは』と『確定申告』について簡単に説明しました。
今回は「何を買ったら対象となるのか」について説明します。

セルフメディケーションでは対応の医薬品を「12.000円」以上購入する事で控除を
受けられる話はしましたね。

では「何を購入したら良いか」
?全部の医薬品が対象なの?
残念ながら、全ての医薬品が対象となりません。
OTC医薬品の中からセルフメディケーション制度の為に作られた

【スイッチOTC医薬品】が対象となります。

?OTC医薬品ってなぁに?
「over the counter」=処方箋のいらない一般医薬品
薬局のカウンター越しに買う医薬品を指します。

?スイッチOTC医薬品ってなぁに?
OTC医薬品の中にある医療用から転用された医薬品とされ、一定の有効成分があるものが
該当となるようです。
セルフメディケーション制度の為に作られたカテゴリーみたいなもんですね( ´∀`)

さて、その【スイッチOTC医薬品】ですが、どんなものがあるのでしょうか。
〔目薬、痒み止め、鼻炎スプレー、風邪薬、頭痛薬、水虫の薬…などなど〕
みっ…水虫のお薬まであるんですねw( ゚д゚)

なんと!1500品目以上あるそうです!!

詳しい対象商品については厚生労働省HP
「セルフメディケーション税制 対象医薬品 品目一覧(全体版)」
をご覧ください。

また、ドラッグストア等の売り場で対象商品を探す場合には商品パッケージに、
《識別マーク》
も掲載されています。大体ちっちゃく端っこに青い文字で(本当に小さいので解りづらいw)、
『セルフメディケーション税 控除対象』と書いてあるのですが、なにせこちらの制度はまだ始まったばかりなので絶対商品に記載されている訳でもないようです。

ばんびの住んでいる近辺のドラッグストアも付いているものと、そうでないもの結構バラバラでした。心配な場合には店舗スタッフさんに聞いた方が1番確実だと思います。

そして、購入した時!レシートにセルフメディケーション対象商品はわかりやすくマークか何かで表示しなければいけないのですが、これも店舗の運用方法によって変わるみたいですね。
うーん。ここは統一して欲しかった( ´_ゝ`)

【注意!】
ドラッグストア等で◯%引きなどの値引き商品を購入した場合は、
割引後の実際に支払った金額が控除額となるので注意してください。

ばんびはここで1つの疑問が生じました…
1年間レシートを貯め続けて年末に一気に集計するのって、
もしかして大変だったりすのかな?(つーか面倒じゃない?)

はい!(*゚∀゚*)
ここで登場するのが
【医療費集計フォーム】です!!
ここでは支払った医療費の内容を表計算ソフトで入力、集計ができるフォーマットなのです。ここにレシートが溜まったら入力してレシート情報を纏めておけば、確定申告の時に焦って作業することもないですし、実際に確定申告書を作成する時にこのデータもしっかり反映してくれるという優しさ付きですw
国税庁のHPにあるんですけど、これは中々使えるかもですね★
※ただこちら、表計算ソフト(Excel等)での入力となるため、PCじゃないとだめですね。

2日間「セルフメディケーション税制」についてお話しましたが、
どうでしょう?少しでも興味を持っていただけたでしょうか。

大事な部分は
◾︎薬を買ったらセルフメディケーション対象かもしれないからレシートは取っておく
◾︎対象範囲は扶養家族の場合は一家族で申告可能
◾︎医療費控除と同時に申告できないので年末にはどちらがお得か計算しよう
◾︎健康管理の項目はどれか一つ受けているか確認しよう

以上に気を付けて、セルフメディケーションをうまく利用していきましょう♪

ここまで読んでいただきありがとうございました。


スポンサードリンク
posted by ばんび at 23:08| Comment(0) | セルフメディケーション税制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

「レシートは捨てちゃダメ!セルフメディケーション税制の話」~前編~

どもどもばんびです。

皆様は「セルフメディケーション税制」ってご存知ですか?
今年2017年1月1日より医療費控除の特別制度として始まりました。

今回はこの「セルフメディケーション税制」について簡単にご説明しようと思います。
長くなるので2日間にわけてご説明します。

本日は「セルフメディケーションと確定申告」についてです。
今年から始まったばかりのこの制度をうまく活用できたら良いなと思います。

この制度、実は期間限定となっており、
2017年1月1日〜2021年12月31日までの4年間での実施となるそうです。

?セルフメディケーションってなぁに?
【自己治療】の事を指します。
「お腹痛いなぁ」、「風邪引いたかも」など症状が出た時にドラッグストアなんかでお薬買って飲んだりしますよね。つまり、『自己管理』をする事です。

?どんな制度なの?
特定の成分を含んだ対応医薬品を年間合計で「1.2000円」超えた場合に(上限10万円)、
確定申告をすると最大「8.8000円」控除されるという制度です。

※医療費控除と違うところは医療費控除の場合は「10万円」を超えて且つ、保険金などで補填される金額という中々の難易度が高い条件ですね。
それに比べてセルフメディケーションはなんだかんだでハードルが低いように思えます。
【注意!】
セルフメディケーションと医療費控除は同時に申請できません!
どちらがお得なのかは実際に計算してみないとわかりませんのでご注意ください。

?確定申告ってなぁに?
ざっくり説明すると、働いた時にもらうお給料の事を『所得』と言い、
この『所得』には税金が掛かってきます。(毎年1月1日〜12月31日まで)
『所得』に掛かった税金を【所得税】と言います。
そして、1年間働いて貰ったお給料とそれに掛かった税金の金額を国に自主的に報告する
事を《確定申告》と言います。
※会社員の方であれば大体会社側で税金分を天引きという形にして収めてくれていると思います。(給与明細なんかで確認できますね)

?確定申告っていつするの?
翌年の2月16日〜3月15日です。
例えば: 2017年1月1日〜12月31日までを確定申告する場合には2018年2月16日〜3月15日の間に行います。

セルフメディケーションは確定申告をする時に一緒に申告しますが、申告するには「条件」が必要となります。

【控除をうけられる条件】
①所得税、住民税を収めていること。
②健康管理項目のどれかを受けていること。
・特定健康診査(メタボ検診)
・予防接種
・定期健康診断
・健康診査
・がん検診
※上記のどれかを対象の期間内に受けていること。
※領収書や結果通知表などは申告の際に必要となるので大切に保管しておきましょう。
③対応医薬品が年間合計「1.2000円」を超えていること。

上記3つの条件をクリアしていれば控除を受けることができます。

また、対象範囲の話になるのですが、扶養家族の場合には自分が購入した物だけでなく、
扶養家族が購入しても対象となります。
例えば:一家族で収入が旦那さんだけだった場合には家族が購入した物も含めることができます。

字に起こしてみると少し面倒な気もしますが、以上がセルフメディケーションと確定申告の説明になります。

簡単にいうと、普段買ってる薬などの医薬品はレシートを取っておけば還付される可能性があるんだよってことです(*⁰▿⁰*)
保管をしていて損はないと思います!
セルフメディケーション専用BOXを作っておいて、お薬買ったらレシートを別途保管しておくだけなので簡単ですよね。

次回はセルフメディケーションの対象になる商品などを説明させていただきます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
スポンサードリンク
posted by ばんび at 20:45| Comment(0) | セルフメディケーション税制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
最近のコメント
【少食(小食)が悩み】の話 by ネコの夜想曲 (02/22)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。