2017年05月25日

【ナンプレの魅力】の話

どもどもばんびです。

ばんびはゲームが大好きです。特にパズルゲームが大好きです。
本日は、そんなばんびがお勧めする長い歴史を誇るパズルゲーム、「ナンプレ」の魅力についてお話をさせていただきます。

ナンバープレス(通称ナンプレ)とは……
「ペンシルパズルの一つで大きい正方形(9×9の正方形)に小さい正方形(3×3の正方形)があり、その中にそれぞれ数字を入れていき、全て埋まれば完成する」という、昔から世界中で愛されているパズルゲームの一つです(*´ω`*)
※数独(すうどく)とも言われています(パズル通信ニコリ商標登録)

【ルール】
・小さい正方形(3×3の正方形)の中に1〜9の数字を一つずつ入れます
・大きい正方形(9×9の正方形)のタテヨコの並びに同じ数字が入ってはいけません

簡単な図を作りました↓
ナンプレ参考用.png

標準ルールは上の二つだけです(`・ω・´)
※その他にも別ルールのものもあります。追加ルールのようなものです。
問題と書くものさえあれば、いつでも、どこでも、誰でも挑戦できるお手軽さと簡単なルールの中にある難しさが今でも世界中で愛される理由なのではないでしょうか。

難易度も「簡単〜難しい」までレベルで分かれているものも多いです。
初心者さんはまず、「簡単」から始めて自信をつけてからレベルを上げて行くことをお勧めします( ̄^ ̄)ゞ
最初に躓いてしまうと解けないフラストレーションで嫌になってしまうので、
まずは解ける自信をつけることが大切だと思います。

また、
『レベルを上げていったは良いものの難しくて解けない問題が増えてしまいイライラしてきた!』
そんな時にも原点回帰で「簡単」を複数解いて自信を回復し、またレベルを上げて行く…
これはいつものばんびですwww
でもこれが意外と良いですよ。解けなかった問題と再度直面した時に違う見方ができます。

解き方のコツとしては、最初に予め数字が沢山置いてあるエリアを埋めて行くと良いと思います。
小さい正方形(3×3の正方形)の沢山数字が入っている正方形に焦点をあて、その中で足りない数字且つ、
タテヨコ被らない数字を埋めて行く感じですね。

このゲームの面白いところは予め20前後の数字が用意されているのですが、
【この数字が多いからといって簡単とは言いきれない】ところです( *`ω´)
用意されている場所によっては逆に難易度を上げてしまっている場合もあるのです。
地道に一つ一つ数字を埋めていき、最後の数字が埋まった時の達成感は思わず声出ますよw

さて、この「ナンプレ」どれでプレイしますか?
雑誌・新聞・100円ショップの小冊子……実は色んなところで入手できます。

中でもばんびのお勧めは『アプリ』ですね!
無料スマホアプリで実は結構沢山種類があります٩( 'ω' )و
「世界中から愛されるペンシルパズル」も今は指一本で遊べるんですね。

紙媒体との違いですが、一番の違いはなんといっても
『間違えた時に消す苦労がなくなった!』これですね!
雑誌などの紙媒体は何度も消しゴムでゴシゴシしていると、汚く跡が残ったり、破れてしまったり……
別のフラストレーションがたまりましたw
アプリですと指一本で消すことができます!紙媒体でずっとプレイしていたばんびにはこれが一番大きいですね。

初心者さんにもアプリはお勧めで、アプリ版では既に埋めれた数字をタップすることで同じ数字が現在どこにあるのか色分けしてくれたりするものあり、中には「ヒントボタン」なんていう素敵なアシスト機能まで搭載されているものもあるんです(*´ω`*)
紙媒体より優しい感じがしますね。

あとこれはアプリによるのですが、ナンプレを解いてポイントをもらい、そのポイントで懸賞に応募できるアプリなんかもあるんです\\٩( 'ω' )و //
※当選人数は少ないですが、中々豪華な賞品でした!

如何でしょうか【ナンプレ】面白いですよ。
・昔やってたけど、最近やってなかったなぁなんて方
・興味はあったけど、イマイチやり方がわからなかった方
・脳みそフル回転させるパズルゲームを探している方……などなど

是非!これを機に遊んで見てください!
ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク













スポンサードリンク
posted by ばんび at 19:08| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

【ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王】プレイした話

どもどもばんびです。

以前お話しておりました。【ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王】が発売されて数日…
このブログが遅れる位にやり込んでおりますw
(その他にも体調不良などあったのですが……)

めっちゃ面白いです!なんか、最近のゲームにしてはレトロというか、このゲーム自体「ファイヤーエムブレム 外伝」のリメイクなのでどういった部分が継承されているのかは初期版をプレイしていないばんびはわかりませんが。知らなくても充分楽しめる作品となっていると思いますよ(°▽°)

ばんびと同じように初期知らないよー、買おうか悩んでいるよーというFE初心者様に参考になるかどうかはわかりませんがw
『今作のここが違う!』というところから少しお話したいと思います。(ファイヤーエムブレムのシリーズをどれか一つでもプレイしている過程でお話します)
※ネタバレはしません、とゆーかまだ途中なので知りませんw

《お話(めちゃ簡単に説明します)》
主人公のアルムとセリカ。幼少期を共に過ごしていた2人は大陸を二分する戦争に巻き込まれます。2人はそれぞれの思う平和の在り方をストーリーの中で追い求めます。2人の手には同じ痣があり、これがストーリーに深く関わっていくのでしょう。

ジャケットの2人がアルム(左)とセリカ(右)です。
fe.png

今作はアルム軍とセリカ軍の双方を動かして陣取りゲームをしていく形となります。
ばんびはシリーズの覚醒辺りからプレイしているので「マイユニット」がない事にまず新鮮味を持ちましたw(所謂プレイヤーが主人公の形)

《マップ消耗➡なし》
歴代ファイヤーエムブレムの多くは一度戦ったマップでの再戦はできないものが多く、野良でフラフラしている敵を叩く「遭遇戦」でしかレベリングができませんが、今作は何度も同じマップで戦えます。恐らくここの部分はリメイク前の「外伝」からの継承でしょう。

《三竦み➡なし》
ファイヤーエムブレムといえばこれ!
最初期の相性システムは、剣・槍・斧からなる「武器の三竦み」、風・炎・雷からなる「魔法の三竦み」から成り立っていました。そこからシリーズによって様々な三竦みシステムが導入され、ストーリーがよりいっそうドラマティックになりました。
ですが、今作はなしです。こちらも「外伝」からの継承になるようです。
そのかわりに森に入ると回避率が●%アップするなどの地形効果が大きいため、地形を制するものが有利に戦闘を進められます\\\٩(๑`^´๑)۶////

《結婚システム➡なし》
シリーズ「覚醒」から導入された結婚システムも今回はありません。
なので、子供も生まれません。

《デュアルシステム➡なし》
ダブル・デュアルシステムもありませんが、支援会話等はあるので各キャラの性格や戦い方等を深く知ることができます。

《魔法を使う時➡HP消費》
《戦い続けると疲労度が溜まる》
この辺も「外伝」継承っぽいですね。
ちなみに持てるアイテム数は『1つだけ』ですw(最後までかは不明。3章まではそうです)
なので武器一つ持ったら終わりwww
でもそんなに食事も今のところ必要ないかな。お祈り行けば回復されるので。

《武器の消耗➡なし》
アイテム数が一つしか持てないからか、武器の消耗はなしです。なので、武器の使える回数は気にせずガンガン行きましょうwこれも「外伝」からの継承です。
ただ、残念な事に命中率があまりばんびの体感では良くないですね。弓は避けられてしまいます((((;゚Д゚)))))))ゲームバランスの為でしょうか…

《探索システム➡有》
こちらが今回導入された新システムです・:*+.\(( °ω° ))/.:+
洞窟などに入った際にプレイヤーを動かすことができます!走ったりー壺割ったりー♪
RPGゲームのようですw
敵がいたら殴りかかって先制も取れます!
3Dアクション要素なんて今までありませんでしたよねっ!

ばんびのように「覚醒」やアプリ辺りから始めた人は多少プレイ方法が違うのでびっくりするかもしれませんね。
でも根本は一緒とゆうか、独特の世界観はやはりさすがファイヤーエムブレムですよ。
それはそれ、これはこれで楽しいです(๑╹ω╹๑ )どゆことw

ばんびは今作、エコーズが終わったら「外伝」の購入をもう決めておりますw
多分、前作未プレイの人結構多いと思います(。・ω・。)バーチャルコンソールで買えますね。
これ昔は逆にどうだったのよwwwそう思うエムブレマーはばんびだけではないはず!w

これからGWも来ますし、ゆっくり陣取りゲームどうですか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。
スポンサードリンク







スポンサードリンク
posted by ばんび at 19:34| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

【ファイヤーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王】の話

どもどもばんびです。

いやーもうすぐ発売ですね「ファイヤーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王」(任天堂)
4/20発売とのことで今からワクワクしております。

ばんび、実は昔から「ファイヤーエムブレム」やっていたわけではありませんw
子供の頃は、「シャイニングフォース外伝」(セガ)というSRPGを当時、ゲームギアと呼ばれるハードでプレイしておりました。
(※ゲームギアは1990年頃セガが出した携帯型ゲーム機の事です。携帯型ですがめっちゃ重いのが特徴w
でも画質は当時一番好きでしたね。)

SRPG(シュミレーションアールピージー)……
ロールプレイングゲームの中でキャラクターを育てながらストーリーを進めていくシミュレーションゲーム
マップの上でユニット(駒)を動かし敵軍を撃破していく、ただ倒していくだけではなく敵っを「説得」
して仲間になってもらったり、時には味方なのに裏切られ、敵に寝返るという場面もある奥が深いゲームです。

ファイヤーエムブレムの場合だと、「剣」や「弓」、「ドラゴン使い」や「魔法使い」などのキャラクターを育成し、
マップ上で決められた歩数に合わせて戦略を立てて勝利を目指すゲーム内容となっております。

ばんびはもともとそんなにゲームセンスがあるわけではなかったので、
友達同士でわいわいプレイするよりも、ボッチで一人ぽちぽちゲームすることの方が好きでした。
なので、学校がお休みの時には家でこの「シャイニングフォース外伝」(セガ)をゲームギアでプレイしているか、後は当時発売したばかりのゲームボーイ(任天堂)で「風来のシレン」(チュンソフト)で延々と終わりのないゲームをしておりました(๑╹ω╹๑ )

ばんびが「ファイヤーエムブレム」をプレイし始めたのは古参のエンブレマー(ファイヤーエムブレムのプレイヤー)さん達より開始が遅く、しっかりやりこんでプレイ始めたのは、ニンテンドー3DS用ソフト「ファイヤーエムブレム 覚醒」からでした。
こちらシリーズ初の「結婚」システムが搭載されておりまして、なんとキャラクター(プレイヤーを含む)と絆を深めて、「結婚」ができて「子供」まで登場しますw絆を深める段階では「デュエル」と呼ばれる戦いをサポートまでするシステムまで搭載されているんですね。やりこみ度は高いと思います。
ストーリーもすごくしっかりしており、クリア後に再度プレイするとまた見方が違い、奥が深いと感じさせる作品だったと思います。

次に購入したのは「覚醒」の次に発売されたニンテンドー3DS用ソフト「ファイアーエムブレムif」でした。
こちらは【暗夜王国版】と【白夜王国版】と2種類のソフトが発売され、プレイヤーはどちらの王国でストーリーを展開するのか、購入時よりプレイヤーを悩ませる作品でしたw
ばんびは【白夜王国版】を購入し、旦那さんが【暗夜王国版】を購入することで双方プレイすることができましたw
こちらでは【暗夜王国版】と【白夜王国版】の双方をプレイすると後日どちらにもつかない『第3ルート』のプレイも可能となり、すべてのストーリーは涙涙でした(´;ω;`)

そしてこの「ファイヤーエムブレム」を語るうえで欠かせないのが[難易度が選択できる]というシステムです。
物語の最初では難易度の選択が可能です。

難易度は『ノーマル』『ハード』『ルナティック』の3つから選べます。
そして次にプレイモードの選択ができます。

プレイするモードを選べます。
『フェニックス』…仲間が倒れても次ターンに復活する。いわゆる無敵モードなので初心者でも安心プレイできます。
『カジュアル』…仲間が倒されても次の章で復活する。お手軽モードですね。
『クラシックモード』…失った仲間は戻りません。戦局はじっくり考えましょう。
※こちらはプレイ途中で難易度を下げることが可能です。

古参のエンブレマーの方はこの所謂「ルナティック・クラシック」で最後まで突き進んでいく方が多いようですね。
ばんびは無理ですw大体「ノーマル・カジュアル」でストーリーをじっくり読んでますね。
やり方は人それぞれなので、エンブレマーの方と話すと色んな戦局が聞けて面白いです。

現在はスマートフォン用アプリで「ファイアーエムブレム ヒーローズ」も配信されていますね。
ばんびもプレイしております。
スマホ用アプリなので、マップ画面がとても小さくなっており最初はプレイに少々手を焼きましたが慣れましたね。
初めて手に入れたキャラクターが覚醒のキャラだったのですごく嬉しかったです(*´Д`*)

そんな「ファイアーエムブレム」のとうとうシリーズ最新作が発売されるのでばんびもワクワクが止まりません。

2017年4月20日発売ニンテンドー3DS用ソフト「ファイヤーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王」

こちらなんと最新作ではありますが、1992年にファミコン向けに発売された「ファイアーエムブレム外伝」のリメイク作品となっているようなんですね。
当時ファミコン版でプレイしていたエンブレマーの方も、ここからエンブレマーになる方も楽しめる作品なのではないでしょうか。
スマホアプリではこのエコーズのコラボも現在開催中ですね。

キャラクターに合わせた戦略方法と濃すぎる物語はとても胸が熱くなる作品間違いなしだと思っております。
こちらを読んでいただき、ぜひこの機会に興味を持っていただけたら幸いです(・ω・)ノ
すれ違い通信で出会ったら宜しくお願いしますw(お手柔らかに)

ここまで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク






スポンサードリンク
posted by ばんび at 00:48| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
最近のコメント
【少食(小食)が悩み】の話 by ネコの夜想曲 (02/22)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。