2017年04月18日

【気管支炎?喘息?咳が止まらない!】の話

どもどもばんびです。

ここ数日、関東地方では急速に発達した低気圧の影響か大荒れなお天気でしたね。
それに伴いなのか、ばんびは数日いやーぁな咳が出始めています。

「おや?」と思い始めたのは
・朝、夜に咳が止まらない(昼間は少し)
・一度咳が出始めると数分間勢いよく出続ける
・息を大きく吸うと肺辺りにピキっと違和感
・息を吐くとウッと喉の奥が苦しくなる
・熱などの風邪症状なし


……これはまずいですね。
以前別の記事(【気圧の変化と体の変化】の話)で喘息と診断されたお話をしましたが、
その時に先生に言われた
「朝と夜にコントロールできないのはまずいよ」
という言葉を思い出しました。

ここで『気管支炎』と『喘息』の違いについて先生に言われたことを元にお話したいと思います。

【気管支炎】
風邪などのウィルスや細菌感染によって気管支が炎症を起こしている

【喘息(気管支喘息)】
アレルギーやストレス、「気象病」などから慢性的に気管支に炎症を起こしている

「気管支炎」も「喘息」も《気管支》が狭くなる事で咳が出始めるそうです。
《気管支》が腫れて痰が詰まり「呼吸困難」となり、
激しい咳と共に『喘鳴(ぜんめい)』と呼ばれる肺や胸の辺りから「ヒューヒュー」、
「ぜぇぜぇ」という音が鳴る症状が発作としてあげられます。
※喘鳴は必ずしも喘息の発作時に起きるものでもないそうです。

ばんびは当時喘鳴が出ているかどうかで喘息ではないと自己判断しており、
結果病院で聴診器を使われ喘鳴が出ていると診断されました。
自己判断はかなり危険だと思います。
気管支炎と喘息は症状がすごく似ているので呼吸器科の医者でないと判断は難しいそうなんですね。
(ばんびは小児喘息時からお世話になっている大学病院で診断されました)

咳がずっとでてるな、止まらなくて苦しいなと思ったら迷わず病院へ行ってください。
処置が遅れるほどつらいのは自分自身ですから。

ばんびの場合は発作の頻度が割と軽いので(母がすぐ発作がでるタイプなので苦しそうにしているのをよく見ます)今回は病院に電話をして相談したら、前回子宮筋腫の手術時に処方してもらった呼吸器で様子を見ても良いそうです(。・ω・。)
実は前回の診察の時に次回発作が出て容体が安定しない場合は入院して検査をするようにと
言われているので今回はかなりビクビクしています((((;゚Д゚)))))))

喘息は発作が出ないようにコントロールする事が最大の治療と言われている位に完治は難しい病気です。
風邪を少しひいただけで発作が出てしまわないかどうかハラハラします。
でも、予防もできるんですよね。

ハウスダストは喘息の敵です!まずは掃除!それと栄養!お野菜は頑張って食べます!
あとは周りが風邪ひいてたら自分もマスク!一回の風邪が命取りです!
喘息とうまく付き合って行くしかないので最低限出来る事はしたいですね。

今回のお話で喘息へのご理解が少しでも多くの人にされたら幸いです(*⁰▿⁰*)

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク











スポンサードリンク
posted by ばんび at 19:17| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

金属アレルギーとパッチテスト

どもどもばんびです。

以前、【討伐!子宮筋腫!!】にてアレルギーのお話をしました。
ばんびは「金属アレルギー」なのですが、本日はそのお話をしたいと思います。

初めてばんびが「金属アレルギー」と知ったのは高校生の時でした。
高校生になるとお洒落がしたくなりますよね。
ばんびも例に漏れずピアスを開けたくて、母に相談しましたらokを貰いました。
母は金属アレルギーだったので18金のピアスを付けていました。
ばんびはそれが羨ましくて高校1年生でピアスホールを空けました。

最初のピアス(ファーストピアス)は空いた穴がくっつかない様に18金のものがいいそうです。ですが、ばんびは当時ピアスを空けたいと好きな男の子にも相談したおり、その男の子からプレゼントされたピアスを付けたかったんですよね(シルバーのものでした)。

ピアスをピアッサーで空けて、貰ったピアスを付けていました。
同じ頃に空けた友達は1週間位で取り外しができるようになったそうですが、
ばんびはというと、いつまで経ってもしっかり空いた感じがしませんでした。
なんだかいつも真っ赤に腫れて、痒いんですよね。

でもアレルギーという事に気付くこともなく数ヶ月過ごしていました。

ある日、凄く頭痛がひどく学校を早退しました。熱が出ていたので家でゆっくり寝ていたのですが、ここで気付いた事がありました。

ピアスのキャッチがない…

キャッチとはピアスを後ろで固定している金具です。
なくなってしまったのではピアスを支える事ができないので、外しました。
キャッチだけ専門店に行けば買えたので、キャッチを買ってまた付けようと机にしまいました。
体調は悪いばかりでここから数日間寝込んでしまい、その間に大変な事が起きました。

ピアスを空けた部分から首、鎖骨にかけて真っ赤に腫れてる!

凄く熱を持っているのもわかりました。
ばんびは恐ろしくなり母に相談すると、そこで初めて金属アレルギーだったのではないかと言われました。
とりあえず皮膚科に相談してみようという事になり、近所の皮膚科へ。
すると痒み止めをだしてくれました。そこで知らされた驚愕の事実…

「あれ?耳の中に何かある…??」

え?
かなり腫れていたので気が付かなかったのですが、たしかに。
『耳たぶの中に何かがある!!』
最初は空けたピアスホールが腫れているのでバイ菌が入ってしまったかなー位にしか考えていませんでしたが、触るとたしかにごろっと中に何かいるんですよ!

そこでハッとしました。
ままままままさか、キャッチかな?Σ(゚д゚lll)

すぐにレントゲンを撮ってもらい、キャッチの存在を確認しました。
この後、別の耳鼻咽喉科へ行って部分麻酔をかけて耳たぶの後ろから切開し、キャッチがゴロンと救出されましたw

この日を境に一気にばんびの体調は良くなりました。
後日、お世話になった皮膚科でお話を伺うと、ばんびは「金属アレルギー」により今回のように体調が悪くなった可能性が高いようなので、一度しっかり検査をするべきだと言われました。検査は大学病院で行うと紹介状を書いてもらい別の日に向かう事になりました。

大学病院で検査内容を聞くと「パッチテスト」というものを行う事がわかりました。
背中に色んな金属を塗って、どの金属がばんびに合っていないのかを調べる方法でした。
※なぜ背中かというと背中の皮膚が1番再生しやすいからと当時説明を受けました。

これがツラい!!
めちゃくちゃ痒いんですよ!!
しかも検査中はお風呂入っちゃだめなんです!
あまりの痒さに家中を転がりまわっていましたw

背中痒みに耐えながら数日後、大学病院へ行き背中の金属を落としてもらいました。
もうこのスッキリ感は今でも思い出せますw(でも痒みはその後1週間位続きましたがw)
検査結果はそのまた後日でした。

シルバー、銅、アルミ…ほぼ全滅でした。

金に関しても純度が高いものでないとアウトだそうです。(18金以下はダメ)
ここで金属アレルギーについて詳しい説明を受けました。汗に反応してアレルギー症状がでるそうです。
アレルギー症状はアナフィラキシーショックを起こす可能性があるので、シルバーの長いネックレスを夏場に数時間付けてたら心臓がアレルギーでビックリしてしまい止まる可能性があるよと、さらりと恐い事言われました。

この後から金属に怯える日々が始まった訳ですw
因みに、歯医者さんで銀歯を入れる事もできません。治療中に銀はアレルギーあると言ったら断られてしまいましたw
口内は特に脳に近いから危ないそうです。

ばんびもそうだったんですが、痒みなどでアレルギーとわかってもそこで終わりにしないで多少面倒でも一度しっかり検査をしてみる事をお勧めします!
自己判断だといざという時に処置が遅れてしまうそうです!
たかがアレルギーでも死に至る事もあるそうです!!

これでばんびの金属アレルギー体験談は終わります。
当時の話を母に聞きながらでしたので、そこまで詳しくは思い出せませんでしたが、
これを読んでパッチテストを受ける人や、興味を持つ人が増えたらいいなと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
スポンサードリンク
posted by ばんび at 18:46| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
最近のコメント
【少食(小食)が悩み】の話 by ネコの夜想曲 (02/22)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。