2017年07月04日

【奇跡のお茶 ちゅらがん茶】の話

どもどもばんびです。

ばんびは毎日ルイボスティーを飲んでいるのですが、最近こちらを上回る「すごいやつ」
知りました。

その名も……
【ちゅらがん茶】です(*´꒳`*)

なんと!こちらのお茶は「ルイボスティー」のおよそ35倍もの《SOD酵素》が含まれているそうです(`・ω・´)

《SOD酵素》(Super Oxide Dismutase)
SOD酵素とはずばり!「活性酸素を除去する酵素」のことです(๑╹ω╹๑ )
「活性酸素」とは私たちの体を錆びつかせてしまうもので、増えると細菌類だけでなく、
細胞そのものまで傷つけられてしまう可能性があります。
細胞が傷つくと肌が荒れたり、皺やシミがでやすくなったり、老化現象としてさまざまな体の不調をきたしてしまいます。

また、「活性酸素」は呼吸をするだけで体に取り込まれてしまうため、
“取らない”ということができません。
そこで《SOD酵素》を取り入れて活性酸素を分解してもらい、無害にしてもらいます。

発酵食品にも《SOD酵素》は含まれているので、発酵食品を食べることでも取り入れることは可能ではありますが、体内で《SOD酵素》を生産するのにも限界があり、歳をとることで生産量も減少していってしまうそうです(´⊙ω⊙`)アヒー
それに、発酵食品ばかり気にしてご飯を毎食 食べられませんよね。

発酵食品以外でお手軽に《SOD酵素》を取り入れられる代表として有名なのが、
「ルイボスティー」ですね。

ばんびも今まで美容に妊活にと「ルイボスティー」を飲んでいましたが、
この度この【ちゅらがん茶】を知り、早速注文してみました(*⁰▿⁰*)
こちらです
cha.jpg

今回は『Iのおきなわ』さんにてネットで購入しました。
他に売っているところがなく、キャンペーンで少しお値引きされていたので迷わずポチーしましたw
商品の中にスタッフさんからの手書きのお手紙が入っていてほっこりしました(´∀`*)

さてさて、せっかくなので届いた当日早速飲んでみました。
美味しい飲み方はお鍋で煮立たせるとあるのですが、めんどいのでw
いつものようにポットに入れてお湯ドバーで飲んでみます。

うん。美味しいです╰(*´︶`*)╯
ルイボスティーよりクセもなく、紅茶?に似ている味です。
少し渋味がある…?かなー?でもすこーしですw
ホットでもアイスでもとパッケージに記載されていますが、アイスの方が少し渋味を感じやすい気がしました。※鍋で煮出したら渋味は減るのかもしれません。

ばんびはクーラーで冷えた体にホットで飲んでます(*⁰▿⁰*)
沢山注文してしまったので、どうかなーと思いましたが問題なさそうですw
ルイボスティーのストックもかなりあるので、交互に飲んで行こうと思います。

いかがでしょうか、【ちゅらがん茶】
美容に妊活に、その他にも妊娠中のママさんにも人気のようです。
(ノンカロリー・ノンカフェインです)
興味があれば奇跡のお茶と呼ばれる【ちゅらがん茶】を一度試してみてください(๑╹ω╹๑ )

ここまで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク











スポンサードリンク
posted by ばんび at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

【担担麺とタンタンメン】の話

どもどもばんびです。
蒸し蒸し梅雨が嫌ですね。
これから暑い夏が来ると思うと夏の嫌いなばんびは早くも食欲がなくなって行きますw

そんな訳でw本日は暑い夏にスタミナのつく『担担麺』のお話です(`・ω・´)
久しぶりに食べたくなりまして、会社の近くのお店でランチしてきました♩
ばんびはそもそも「ラーメン」といえば『味噌ラーメン』が一番大好きで【担担麺】のデビューはかなり遅めでしたw

しかも!ばんびの初めての担担麺デビューは【担々麺】ではなく、【ニュータンタンメン】だったのですwwwww

★担担麺(担々麺)
中国・四川料理です。四川省では「汁なし担担麺」を担担麺として出しており、
日本の担担麺は麻婆豆腐と同様に四川省出身の四川の料理人《陳 建民》さんが日本人向けに改良した「スープ有りの担担麺」を紹介して広まったと言われております。
白・黒の胡麻を炒ってペースト状にした芝麻醤(チーマージャン)という練り胡麻をベースにした味付けのものが多いことで有名です。

★元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン
神奈川県川崎市を中心に関東にて店舗展開をしている「タンタンメン」を主とした
中華系チェーン店で、この店舗さんの「タンタンメン」は鶏ガラベースのスープに粗挽きの挽肉、ニンニク、唐辛子、溶き卵で調理されているパンチのある味付けのものです。
中国・四川で食べられている「担担麺」や日本の中華店で提供している「担担麺」とは別の独自の料理となります。

ばんびの初めての「タンタンメン」はこちらの『元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン』さんでしたwww
初めて食べた時感動しましたねー。ニンニク・唐辛子大好きなので(๑╹ω╹๑ )
卵のふわふわが優しいのかと思いきや次に来るニンニクと唐辛子のWパンチで箸が止まりません(*⁰▿⁰*)

「これがタンタンメン…ゴクリ…やべぇやつと出会っちまったな…」

ここで色々と間違えてしまい、後日別の中華店で「担担麺」を食べてまた違う感動をしましたw
どっちもうまいー!!
胡麻の風味が鼻から抜けて、辛味のあるスープが止まらないぃぃぃ(*゚∀゚*)
ばんびは麺の硬さは少し硬めのストレート麺が好みだという事がわかりました。

本日食べたのも少し硬めのストレート麺で辛さは1段階上げ。
こちら〜↓

tav2.jpg

あぁーん美味しいぃぃ(๑>◡<๑)
食欲なくてもゴクゴク飲めるぅーツルツル入るぅー(*´꒳`*)
お店は少し寒く温度調節されておりましたが、ハフハフ食べているうちに気にならなくなりましたw
今年の夏は旨辛料理で夏バテなんて吹き飛ばして行きたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク








スポンサードリンク
posted by ばんび at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

【夏越の大祓】の話


どもどもばんびです。

先日、近所にある実家で今年も夏越(なごし)の大祓(おおはらい・おおはらえ)に行く話が出ました。
「もうそんな季節なんだなぁ」と一年の半分の早さを感じる今日この頃です(*´꒳`*)
本日はそんな「夏越の大祓」について簡単に説明できたらと思います。
行ったことない人は是非!今年から参加してみてはいかがでしょう。

【夏越(なごし)の大祓(おおはらい・おおはらえ)】
一年のちょうど折り返し地点である6月30日に夏越の大祓を行い半年間の罪・穢れを祓い清め、残り半年間の無病息災を祈願する行事です。
一年に2回全国の多くの神社さんで行っているようで6月末(夏越)と、12月末(年越)に行われます。

6月の大祓は「夏越の大祓」の他に「名越の大祓」、「六月祓」とも呼ばれます。
12月の大祓は年末(年越)に行われるので「年越の大祓」と呼ばれているそうです。


夏越の大祓では茅の輪(ちのわ)神事が行われます。
茅萱(ちがや)を束ねて人が通れるくらいの大きな「輪」ができており、この輪をくぐり越えて半年間の罪や穢れを取り除き、無病息災と心身が清らかになるようお祈りをします。

ばんびの実家では幼少期より毎年、年越しのお参りの際はこの「茅の輪くぐり」をしてきました。実家では昔からお正月のお参りはまず最初に氏神様へご挨拶を必ずするようにと言われておりましたので、お正月に他の神社さんへ行ったことがないのですが、大人になって他の人のお話を聞いてみると意外に知らない方が多くびっくりしました。
全ての神社さんで行っている訳ではないようですね(๑╹ω╹๑ )

★茅の輪のくぐり方★

・一礼をして茅の輪をくぐり左へ周り
・一礼をして茅の輪をくぐり右へ周り
・一礼をして茅の輪をくぐり左へ周る


要するに一礼しながら8の字に3回くぐれば良いのです(`・ω・´)
また、くぐりながら唱え詞(となえことば)を唱えるとより良いとされています。
ばんびの地元の神社さんでは茅の輪の前に立て札を用意してくれており、
くぐり方と唱え詞を書き記してくれています。
※茅の輪くぐりは無料の神社さんが多いようです。

★夏越の大祓の初穂料(はつほりょう)★

初穂料とは祈祷やお祓い等の際に謝礼として渡す金銭のことです。
「初穂料」の他にも「玉串料」「御礼」など言い方は複数ありますが、「初穂料」が一番ベーシックなようですので、我が家はこちらでお渡しします。
謝礼なので金額の指定はありません。所謂「お気持ち」ってやつですね。
金額の指定はありませんが、気になるようであれば神社さんのHP等で平均金額を提示している場合もあるので、確認してみても良いかもしれません。
※ばんびの地元は3000円位が平均のようでした。

【お金の包み方】
神社さんでいざ謝礼をお渡しする時、さすがにそのままお金を裸では渡しずらいですよねw
そんな時は「熨斗袋(のし袋)」を使いましょう(*⁰▿⁰*)
白い封筒でも良いそうですが熨斗袋は100円ショップでも手に入りますし、
我が家では熨斗袋を使います!何か気合いが入るのですよw

熨斗袋の種類はお祝い事に幅広く使える「白×赤の水引が蝶結び」の物を使いましょう。
表書きには上段部分に「御初穂料」「初穂料」「御礼」のどれかで大丈夫です。
下段部分には自分の名前を書きましょう。(名字だけでもフルネームでもどちらでも◯)
書く時の注意点としては、筆・筆ペンを使い、上段よりも下段は小さめな字で書くと良いと思います。

いかがでしょうか、6月30日「夏越の大祓」は年に一度の厄払いができる貴重な日です。
神社さんによってはとても人気で早めに行かないと定員オーバーになってしまうこともあるそうなので、行く時には時間に余裕を持って行くと良いと思います。
※開始時刻は神社さんによって異なりますので各神社さんへお問い合わせ願います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク








スポンサードリンク
posted by ばんび at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
最近のコメント
【少食(小食)が悩み】の話 by ネコの夜想曲 (02/22)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。