2017年04月16日

【ファイヤーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王】の話

どもどもばんびです。

いやーもうすぐ発売ですね「ファイヤーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王」(任天堂)
4/20発売とのことで今からワクワクしております。

ばんび、実は昔から「ファイヤーエムブレム」やっていたわけではありませんw
子供の頃は、「シャイニングフォース外伝」(セガ)というSRPGを当時、ゲームギアと呼ばれるハードでプレイしておりました。
(※ゲームギアは1990年頃セガが出した携帯型ゲーム機の事です。携帯型ですがめっちゃ重いのが特徴w
でも画質は当時一番好きでしたね。)

SRPG(シュミレーションアールピージー)……
ロールプレイングゲームの中でキャラクターを育てながらストーリーを進めていくシミュレーションゲーム
マップの上でユニット(駒)を動かし敵軍を撃破していく、ただ倒していくだけではなく敵っを「説得」
して仲間になってもらったり、時には味方なのに裏切られ、敵に寝返るという場面もある奥が深いゲームです。

ファイヤーエムブレムの場合だと、「剣」や「弓」、「ドラゴン使い」や「魔法使い」などのキャラクターを育成し、
マップ上で決められた歩数に合わせて戦略を立てて勝利を目指すゲーム内容となっております。

ばんびはもともとそんなにゲームセンスがあるわけではなかったので、
友達同士でわいわいプレイするよりも、ボッチで一人ぽちぽちゲームすることの方が好きでした。
なので、学校がお休みの時には家でこの「シャイニングフォース外伝」(セガ)をゲームギアでプレイしているか、後は当時発売したばかりのゲームボーイ(任天堂)で「風来のシレン」(チュンソフト)で延々と終わりのないゲームをしておりました(๑╹ω╹๑ )

ばんびが「ファイヤーエムブレム」をプレイし始めたのは古参のエンブレマー(ファイヤーエムブレムのプレイヤー)さん達より開始が遅く、しっかりやりこんでプレイ始めたのは、ニンテンドー3DS用ソフト「ファイヤーエムブレム 覚醒」からでした。
こちらシリーズ初の「結婚」システムが搭載されておりまして、なんとキャラクター(プレイヤーを含む)と絆を深めて、「結婚」ができて「子供」まで登場しますw絆を深める段階では「デュエル」と呼ばれる戦いをサポートまでするシステムまで搭載されているんですね。やりこみ度は高いと思います。
ストーリーもすごくしっかりしており、クリア後に再度プレイするとまた見方が違い、奥が深いと感じさせる作品だったと思います。

次に購入したのは「覚醒」の次に発売されたニンテンドー3DS用ソフト「ファイアーエムブレムif」でした。
こちらは【暗夜王国版】と【白夜王国版】と2種類のソフトが発売され、プレイヤーはどちらの王国でストーリーを展開するのか、購入時よりプレイヤーを悩ませる作品でしたw
ばんびは【白夜王国版】を購入し、旦那さんが【暗夜王国版】を購入することで双方プレイすることができましたw
こちらでは【暗夜王国版】と【白夜王国版】の双方をプレイすると後日どちらにもつかない『第3ルート』のプレイも可能となり、すべてのストーリーは涙涙でした(´;ω;`)

そしてこの「ファイヤーエムブレム」を語るうえで欠かせないのが[難易度が選択できる]というシステムです。
物語の最初では難易度の選択が可能です。

難易度は『ノーマル』『ハード』『ルナティック』の3つから選べます。
そして次にプレイモードの選択ができます。

プレイするモードを選べます。
『フェニックス』…仲間が倒れても次ターンに復活する。いわゆる無敵モードなので初心者でも安心プレイできます。
『カジュアル』…仲間が倒されても次の章で復活する。お手軽モードですね。
『クラシックモード』…失った仲間は戻りません。戦局はじっくり考えましょう。
※こちらはプレイ途中で難易度を下げることが可能です。

古参のエンブレマーの方はこの所謂「ルナティック・クラシック」で最後まで突き進んでいく方が多いようですね。
ばんびは無理ですw大体「ノーマル・カジュアル」でストーリーをじっくり読んでますね。
やり方は人それぞれなので、エンブレマーの方と話すと色んな戦局が聞けて面白いです。

現在はスマートフォン用アプリで「ファイアーエムブレム ヒーローズ」も配信されていますね。
ばんびもプレイしております。
スマホ用アプリなので、マップ画面がとても小さくなっており最初はプレイに少々手を焼きましたが慣れましたね。
初めて手に入れたキャラクターが覚醒のキャラだったのですごく嬉しかったです(*´Д`*)

そんな「ファイアーエムブレム」のとうとうシリーズ最新作が発売されるのでばんびもワクワクが止まりません。

2017年4月20日発売ニンテンドー3DS用ソフト「ファイヤーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王」

こちらなんと最新作ではありますが、1992年にファミコン向けに発売された「ファイアーエムブレム外伝」のリメイク作品となっているようなんですね。
当時ファミコン版でプレイしていたエンブレマーの方も、ここからエンブレマーになる方も楽しめる作品なのではないでしょうか。
スマホアプリではこのエコーズのコラボも現在開催中ですね。

キャラクターに合わせた戦略方法と濃すぎる物語はとても胸が熱くなる作品間違いなしだと思っております。
こちらを読んでいただき、ぜひこの機会に興味を持っていただけたら幸いです(・ω・)ノ
すれ違い通信で出会ったら宜しくお願いしますw(お手柔らかに)

ここまで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク








スポンサードリンク
posted by ばんび at 00:48| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
最近のコメント
【少食(小食)が悩み】の話 by ネコの夜想曲 (02/22)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。